公認会計士

公認会計士の監査のお仕事は企業などにおいて重要な役割を担っていることが多い

    

公認会計士はどんなお仕事を行うのでしょうか?資格取得した人は主に監査法人で働くことになります。監査法人は色々な企業の経理を監査します。

企業が不正を行わないようにするためには監査はとても大切なことですから、重要な仕事だと言えます。

チームでの仕事を終え称えあう公認会計士

公認会計士が行う監査のお仕事

会社には会計というものが存在します。会計には様々なルールがあり、企業がそれをしっかりと守っているかどうかを厳しくチェックするのが、監査の仕事です。

隠れた利益がないかや、収支のバランス、経費の信ぴょう性など、チェックすべきポイントはたくさんあります。大きな企業の場合だと、公認会計士が何人も出向いて監査を行うことになります。

チェックすべき書類が多い場合は何日にもわたって監査を続けることになるでしょう。一日中数字をチェックするわけですから、数字を見ることが苦にならない人でないと公認会計士が務まらないというのにも納得ですよね。

長時間数字を扱っていても処理能力が衰えないという精神力や忍耐力も必要です。監査で、不正が見つかった場合は企業は、罰則を受けることもありますし、経理に対してアドバイスや指摘を受けることもあります。

会計は、企業任せにしてしまうとどうしても、自社のいいように扱ってしまうことが多いので、定期的にチェックすることで、日本経済の基盤を守っているのです。

監査は日本経済を支える重要なお仕事

監査は日本経済を支えるとても重要なお仕事です。それを任されている公認会計士もまた、重要な人材だということですね。責任感を持って、仕事を全うすることができる人こそが資格取得にふさわしいと言えます。

公認会計士のお仕事は監査だけではなく、もっと幅広く存在しますが、ほとんどの人が監査法人に就職して企業の監査を行うことになりますから、監査について知っておくことも大切です。