公認会計士

資格取得が難しいとされている公認会計士の資格取得にはメリットがたくさん

    

公認会計士は、目指したら誰でもなれるわけではありません。資格を取得するためにはたくさんの知識をつけて、難関な国家試験に合格しなければなりません。

国家試験を受けても合格できるのは1割程度。それでも、公認会計士を目指す人がたくさんいるのはなぜでしょうか?公認会計士になるメリットを紹介していきます。

数字を細かくチェックしている公認会計士

資格を持っている人にしかできないやりがいのある仕事

公認会計士のお仕事は、資格を持っている人にしかできない大切なものです。幅広い分野での仕事がありますが、監査法人に就職して、企業の監査をする人が多いです。

日本経済を支える重要なお仕事ですから、やりがいを感じられるはずです。

高収入を稼げる

公認会計士は、高収入を稼げるという特徴もあります。初任給でも1000万円近くの年収を稼ぐことができるので、安定した年収を得たいという気持ちの強い人にとってはぴったりの職業と言えるでしょう。

サラリーマンの平均年収を、大きく上回る年収の高さは、公認会計士という職業の大きな魅力といえます。

実力主義でやる気につながる

公認会計士の世界では、実力があればどんどん上を目指すことができます。男女で差が出ることもないので、女性が活躍することも十分可能です。

頑張れば頑張った分だけ評価してもらえるというのはモチベーションを保つことにもつながりますよね。

公認会計士はメリットがいっぱい

公認会計士は、資格取得が難しく、目指す人が多い割には狭き門だと言えますが、その資格を得ることで得られるメリットがたくさんあります。

資格を取るためには、計画的に知識を勉強しなければなりませんから、目指すなら早いうちからが良いですよ。学生のうちから準備、対策をして、万全の状態で難関国家試験に挑んでくださいね。