公認会計士

公認会計士の実際の年収が知りたいという人に耳寄りな情報となっています

    

公認会計士は、医者や弁護士と並ぶ難関国家資格だと言われています。もちろん、年収もそれらと同じくらい高年収を、期待することが出来ます。

資格を取得するのは難しいですが、将来の安定を得られる手堅い職業だと言えるでしょう。実際にどれくらいの年収がもらえるのか気になるところですよね。

紹介していきます。

電卓の扱いが頼りない公認会計士

どれくらいの年収がもらえるの?

公認会計士は、狭き門ということで、資格取得が難しいというデメリットはありますが、国家試験に合格し、2年の実務経験を経て修了考査にも通れば、晴れて一流の職業の仲間入りができます。

一流の職業というと、やっぱり年収の高さが一番最初にイメージできますよね。公認会計士は年収が高いことでも有名で、初任給でも600万円近く稼ぐことが出来ます。

サラリーマンとは大違いですよね。また経験を積んでいけば、さらに年収をアップすることが出来るので、将来の安定性はかなり高いと言えるでしょう。

よく、税理士と混同されやすいのですが、仕事の内容も全く異なりますし、年収を比べても、税理士は年収500万円前後なので、平均年収800万円の公認会計士と比べると大きく差が出ます。

高年収を目指すなら、公認会計士の方が上なのです。誰にでもなれる仕事ではありませんが、年収の高い職業につきたいという気持ちが強い人は、目指してみる価値はあるかもしれませんよ。

高年収の仕事を目指すなら公認会計士がおすすめ

高年収の仕事を目指したいという人は、公認会計士を狙ってみてはいかがでしょうか。国家試験に合格するためには、しっかりと知識をつけて試験対策をする必要がありますから、働きながら資格取得を目指すというよりは、学生のうちから計画的に勉強をする方が良いでしょう。

専門のスクールなどもあるので利用してみてくださいね。