公認会計士

公認会計士と税理士の違いって何?というような若者の為の情報となっています

    

公認会計士と税理士の違いについて疑問に思っている人は意外と多いと思います。どちらも、資格を取得しなければ、つくことのできない職業ですから、専門の知識を学び、試験を受けなければなりません。

公認会計士と税理士の二つの職業にはどのような違いがあるのでしょうか。紹介していきたいと思います。

デスクの上がたいへんなことになっている公認会計士

公認会計士と税理士は、どこが違うの?

公認会計士と税理士は、企業のお金に関する仕事という点では、似ていると言えるかもしれません。でも、企業の会計全般を取り扱う公認会計士と、主に税についてを任される税理士とでは、仕事内容は全く異なります。

どちらもとても大切な仕事で、資格を取得するためにはたくさんの努力が必要ですが、知識の幅の広さで言えば公認会計士の方が数段上だと言えます。

だから、資格取得のための試験も税理士の方が簡単で、合格率も高くなっています。勉強する分野が異なりますから、志望校のレベルを下げるような感覚で、公認会計士を目指していたけど難易度が高いから税理士に変える、というようなことは出来ませんが、どちらが資格取得しやすいかと言えば税理士の方が上でしょう。

また、2つの職業で大きな違いが出るのは、年収です。どちらも国の経済を支える大切な仕事を担っていますが、公認会計士の年収の方が、税理士よりも大分上だと言われています。

ですから、年収の高さを求めるなら、目指すべきは公認会計士だと言えます。

公認会計士と税理士は違うものだと覚えておきましょう

公認会計士と税理士は、比べる土俵が実は全然違う職業であるということを覚えておいてください。そちらが良いということは、一概には言えません。

価値観は人それぞれですからね。どちらを目指すか悩んでいる人は、両者の仕事内容や、資格試験の合格率、年収などを、チェックしてみてくださいね。